なくてもよい?ブランド品の相場老舗宝石店の相場給料3ヶ月分?

30代の婚約指輪の相場

結婚という大事な節目を迎えるにあたって、婚約期間というものがあります。
それはプロポーズを受けてから結婚するまでの間の時期を指し、結婚式の準備、新婚旅行の計画など楽しいことばかりです。
そんな時期を迎えるきっかけとして、プロポーズはとても大切なことです。

プロポーズといったら、大事な言葉とともに準備するのが婚約指輪ですよね。
やはり多くの女性にとって、プロポーズの言葉と一緒に婚約指輪を渡されるのを心待ちにしている人も多いのではないでしょうか。

そんな婚約指輪の市場も時代によって大きく変化してきています。
中でも年代によっても大きな金額の差が生まれて生きています。
特に結婚の晩婚化が進む中で30代の結婚がとても増えてきています。
なので30代の婚約指輪に対する意識と、相場について考えてみたいと思います。

30代の結婚が増えている背景には、高学歴化や女性の社会進出が定着したことなどがあげられます。
新社会人となる年齢が引きあがっているため、社会人として安定するまでの期間が前よりも先ととらえられる人が増えています。
さらには女性の社会進出も認められる時代になりました。
なので女性が仕事に対しての、こだわりや責任感が強くなり、結婚への意識が先送りになっていることもあげられます。

よって男女ともに結婚に対して慎重的な考えも増えているのではないでしょうか。
それとともに、社会人として安定したこともあり、20代に比べて金銭的に安定してきている人も増えています。
なので婚約指輪に対する、意識も高くなっています。

婚約指輪の相場は、37万前後と言われています。
それに比べ30代の男性の購入金額は、30万後半から40万以上のものを選ぶ人が多いようです。
なので全体的な平均価格よりも、高く設定している人が多いようです。

やはり30代になると社会人としても、一人前として扱われることが多いです。
なので一人の男性としても、一人前と認められたいという気持ちもあります。
それが男のプライドとして、現れてくる年代ではないでしょうか。
なので見栄を張ってでも、いいものを渡したいという人も多いかと思います。
婚約指輪としてふさわしいデザイン、大きさ、質などしっかりとしたものを選びたいという意識が強いといえます。