なくてもよい?ブランド品の相場老舗宝石店の相場給料3ヶ月分?

ダイヤモンドの価値を示す4Cとは

ダイヤモンドお価値は4つの項目のランクによって価値が大きく変わってきます。
その項目のことを4Cといいます。
なんとなく聞いたことが多いかと思いますが、4項目のアルファベットの頭文字がすべてCなので、4Cと言われています。

まず一つ目は、CaratのCです。
カラットはダイヤモンドの重さを表わしています。
1カラットは0.2グラムと一緒の意味合いになります。
婚約指輪の場合、およそ0.3カラット以上のものが多く使用されています。
もちろんカラットの数が大きくなればなるほど、ダイヤも大きくなり価格も高くなります。

二つ目は、ClarityのCです。
クラリティとはダイヤモンドの中に含まれる不純物や内包物がどれだけ含まれているかというランクづけになります。
ダイヤモンドの透明さを表わすもので、最高レベルがFLとなっています。
最高レベルの物になってくると、顕微鏡などで見て無傷だと判断されるものになります。
なので、目で見てわかるようなものではありません。
実際肉眼で、傷や不純物を確認できる物はIランクと言われ、最低ランクになります。
なので肉眼で見てもわかりにくいといわれる、SI以上のランクのものを選べば、失礼に当たることはありません。
SIクラスのものでも、顕微鏡などでみて、初めてわかるぐらいの傷になります。
どのランクでいいとするかは、個人の考え方の違いになります。
またClarityのランクによって値段は大きく左右されるので、予算なども考えつつ決められるといいでしょう。

3つ目は、CutのCです。
Cutは5段階に分かれていて、ダイヤモンドの表面の研磨の状態を表わします。
最高ランクがExcellentとなっていて、Good以上であれば婚約指輪としてはふさわしいといえます。

4つ目は、ColorのCです。
ダイヤモンドの色目を表わして、23段階ものランクに分かれています。
無色と言われているDが一番でアルファベットのZに近くなればなるほど、黄色っぽい色目になっています。
婚約指輪の場合、無色のもが望ましいですが、ほぼ無色のランクまでであれば肉眼での違いが分かりにくいでしょう。
これらの4つの基準をもとにダイヤモンドの価値は決まってきます。
またこれらは、鑑別証にしっかりと書かれます。
なので、何を優先して選ぶのかをしっかり決めておくと、後悔することなく選ぶことができます。