なくてもよい?ブランド品の相場老舗宝石店の相場給料3ヶ月分?

婚約指輪はなくてもよい?

交際しているカップルが、結婚というまた新たなスタートを切るときがあります。
交際期間から結婚までの大事な時期を婚約期間といいます。

昔は必ず交際期間から結婚に至るでの節目として、婚約の証として結納をします。
結納をするのであれば、婚約指輪は必ず準備しなければいけません。
しかし現在結婚を控えているカップルの中で、結納をする人は少なくなっています。
略式として、両家の顔合わせとしてお食事会などをして済ませる人が多くなっています。

その理由として、結納にかかる費用がかかるからということがあげられます。
両家ともに負担も大きく、結納にお金をかけるのであれば結婚式や他のものにお金を使いたいという人も多いでしょう。
また昔のように結納した後に親戚やご近所に対して、お披露目をしなくてはいないということもありません。
またあまり格式などを重視する人も減った、ということも背景にあります。
これらの理由から結納をしないカップルが増えたことで、同時に婚約指輪も用意しなくなっているのかもしれません。

しかし結婚を控えた女性たちの多くが、憧れているのが婚約指輪です。
婚約指輪として使用している期間は短いとしても、ジュエリーとしても価値も高く、周りの人も憧れるジュエリーです。
さらに女性にとっては、結婚をするんだという実感が持てるジュエリーになります。
実際結婚を控えた女性の多くは、婚約指輪を欲しいと心の中で思っている人が多数を占めます。
ただし、婚約指輪の価格と言えば、ジュエリーの中でも高額なものだとだれもが想像できます。
なので女性から欲しいとおねだりしにくいのが、婚約指輪です。

また婚約指輪の特別感は女性だけではありません。
男性にとっても大切なものです。
なぜなら、結婚に向けて一つの節目として、行うのがプロポーズです。
そのプロポーズを盛り上げるためには、やはり婚約指輪は欠かせないアイテムの一つだといえます。

男女ともに婚約指輪は、とても記念になる大事なものです。
なので結納をしないから、婚約指輪を用意しなくでもいいのかとは言い切れません。
しかし婚約指輪は2人にとって特別なものになることは、間違いありません。