なくてもよい?ブランド品の相場老舗宝石店の相場給料3ヶ月分?

婚約指輪はいつ買う?

付き合っているカップルが結婚したいと考えた時に、ます彼からのプロポーズが結婚の一歩だといえます。
プロポーズの際に用意しておきたいもの一つに、婚約指輪があります。

どんな人でも過去にジュエリーショップに行くことはあるかと思います。
そういったところで販売されているものの多くは、選んだらその場でプレゼントできるようにしてもらい受け取れるものが多いです。
なので何も知らなければ、婚約指輪も同じようにその場でもらえるのではと思っている人が多いのではないでしょうか。
しかし婚約指輪のほとんどが、即日で渡してもらえるものが少ないです。

なぜならいくつかの理由があります。
まず婚約指輪の場合、鑑別証が必要になります。
鑑別証とは、使用されているダイヤモンドの4Cの評価をしたものを、証書として発行してもらう必要があります。
逆に鑑別証がないようなダイヤモンドは、いくら安くても決して手を出してはいけません。
家電などでいう、保証書がないようなものと一緒です。
宝石の鑑別証の発行は一週間以上かかりますなので、最低でも婚約指輪を選ぶのであれば一週間以上は時間を見てきましょう。

実際婚約指輪を選んだ人は、およそ10か月前から購入する人が多いようです。
その理由は、ほとんどの人は婚約指輪の場合、ダイヤモンドとデザインを別々に選ぶからです。
なので選んだものを組みわわせて、最初からその人のために作られるので、時間がかかってしまいます。
またフルオーダーにした場合は、リングの型などを一から作らなければいけません。
なので時間的にもとてもかかってしまいます。

また結婚式の半年ぐらい前には、両家のお顔合わせがあります。
そのころまでには、必ず用意してお披露目ができるようにしておきましょう。

一生に一度のお買いものですから、時間をかけて慎重に選んでおきたいものです。
だからこそ余裕を持ってじっくりと選べるように、前もってリサーチや下見などをしておくといいでしょう。