なくてもよい?ブランド品の相場老舗宝石店の相場給料3ヶ月分?

婚約指輪のお返しはいつ買う?

婚約指輪は女性にとって、プロポーズと一緒に渡されることが多く、思い出深い品となるでしょう。
彼にとっても彼女のためを思い選んだ、大事なジュエリーになります。
そんな思い入れがあるものだからこそ、ちゃんとしたお礼を込めてお返しを用意しておきましょう。

婚約指輪をもらった際に、どのようなタイミングでお礼を返したらいいのかと迷ってしまう人もいるのではないでしょうか?
まずは婚約指輪をもらったタイミングによっても異なってきます。
例えば、結納式を行う場合は、結納式で婚約指輪の披露があります。

それと同時に婚約指輪のお返しの品も一緒にお披露目します。
なのでそれまでをめどに用意しておけば、大丈夫です。
結納式を行う場合は、明確な日付が決められているので時間的に余裕があり段取りを組みやすいといえます。

しかし今では、結納式を略式するカップルがとても多いです。
結納式の代わりに両家の顔合わせの機会として、お食事会などを一席設ける場合が多いです。
その席では、お互いの両親が必ず出席されます。
なのでその席で、男性から婚約指輪の披露をされる場合が多いです。
そして、女性からもお礼として一緒にお返しの品を披露するのが理想的です。

なぜなら両家の両親の前で、しっかりと婚約指輪のお礼を渡しましたと、示すことができる機会だからです。
婚約指輪を渡す際に、お返しは不要ですと言われる場合もあります。
しかし婚約指輪は高価なものですし、何もお返ししないのは気が引けると思う人もいるでしょう。
特に新郎側の両親は、しっかりと婚約指輪を渡したのに、お礼の品は何もないのかと思う人もいるかもしれません。
なのでせっかくお礼の品を準備したのであれば、彼と二人の時に渡すのではなく両家そろったときに渡すのがいいでしょう。

またその時までに用意できなかった場合は、サプライズで結婚披露宴の演出の一つとして渡すのもいいでしょう。
この場合でも、両家の両親の前でお返しすることができます。
こういったお礼のものはしっかりと公の場で渡すことが、とても大切になります。