なくてもよい?ブランド品の相場老舗宝石店の相場給料3ヶ月分?

婚約指輪の給料3ヶ月分とは?

結婚を控えているカップルにとって、プロポーズはとても大事な場面になります。
男性にとっては、相手の女性に喜んでもらえるようなプロポーズを一生懸命考えます。
また結婚に対する意識や責任感も、プロポーズをすることでより強いものになります。

女性にとっては、プロポーズは一生に一度の憧れのシュチエーションといえます。
憧れのプロポーズを思い浮かべる人も多く、いつどんな形でプロポーズされるのかと期待している人が多いです。

プロポーズは男女ともに、とても大事なイベントとなっています。
その時によりプロポーズの演出として大事なものが、婚約指輪になります。
婚約指はへの意識は、年々薄れてしまっているのが現状です。
しかしほとんどの女性は、婚約指輪に対して憧れを持っています。
本音ではいけないけれど、心の中では婚約指輪をちゃんとプレゼントしてもらいたいと願っている女性が多いです。

送る男性にとっても婚約指輪というと、給料3カ月分というイメージが強く定着しています。
もともと何故給料3カ月分となったのでしょうか。
それは、1970年代にダイヤモンドの有名なデビアス社が生み出したフレーズです。
このとき日本は、高度成長期の終わりごろで、販売促進のフレーズとして大きな印象と成果を生み出しました。
それからというもの、婚約指輪は給料3ヶ月分のものを渡すという概念が定着していきました。
ちょうど日本では時代の流れとマッチした形で、多くの人に定着したことが今の世代でもいわれ続ける要因ではないでしょうか。

しかし、現代社会においては、経済の低迷が続きとても厳しい経済状況になっています。
なので消費の冷え込みとともに、将来に対する不安を感じる人も多いのではないでしょうか。
そんななか婚約指輪への意識というものも、変わってきつつあります。

今では平均的購入金額が、37万円前後となっています。
実際婚約指輪を検討している男性の意識としては、27%ぐらいの人が給料3カ月分を目安にしているという結果でした。
また女性にとっても、婚約指輪の金額の意識として16%ぐらいの人が給料3カ月分を意識しているとのことでした。
なので女性の方が、そこまで婚約指輪に対して控えめだといえます。

お互いの意思を尊重し、金額問わず婚約指輪を渡すということだけは大事にしている人が多いようです。