なくてもよい?ブランド品の相場老舗宝石店の相場給料3ヶ月分?

婚約指輪は貰ったらいつも付ける?

婚約指輪は、お付き合いしているカップルが、結婚を前提に交際していますという証だといえます。
プロポーズを受けて、OKした場合結婚式までの間は婚約期間となります。
その間はほとんどの人が、毎日つけています。
多くの人は、彼が一生懸命働いたお金で買ってくれた指輪だから、大事に毎日してあげたいという人が多いようです。

特に職場などで、指輪をしてはいけないなどの決まりごとがない限りは、日常的につけても問題はありません。
派手すぎたりしないだろうかと、遠慮してしまう人もいるかもしれません。
しかし、もらった時から結婚式までの間が、一番つけるのにふさわしい期間だといえます。
逆にその期間以外では、もっとつけにくくなってしまうのではないでしょうか。

贈った彼にとっても、いつも会うたびにはめていてくれていたら、きっと喜んでもらえるのでは思います。
逆にはめていなければ、気にいらなかったのかな、別のが良かったのだろうか、などといらない心配をかけてしまうこともあります。
変な心配や不信感を抱かせてしまうぐらいであれば、毎日つけているのが一番ではないでしょうか。

大事なものだから、高価なものだから傷をつけてしまうのではと心配する人も多いでしょう。
しかしせっかくの、婚約指輪ですから気兼ねなくいつもつけておきましょう。
もしスポーツをする人や、力仕事をするときなどは、外しておくと安心かも知れません。
プラチナなどは、強い力を長時間受けると、リングの形が変形してしまうことがあります。
なので毎日重いものを持つことが多い人などは、仕事中は外すなどしておくといいでしょう。

以外に自分にとっては特別なもので、華やか過ぎると思うものでも他人から見ればさほど気にならないということも多々あります。
なので他人の目を気にして付けないのは、とてももったいないものです。
特に周りの女性が普段からジュエリーをする人が多ければ、特に気にすることなく婚約指輪をしておくといいでしょう。

唯一デザインによっては少し気を付けたほうがいいものがあります。
それは一粒ダイヤのソリティアのデザインで、立て爪のものです。
立て爪の場合、ダイヤモンドの部分が高くなっています。
なのでいつもどおりに生活していると、ドアや壁などにダイヤの部分をぶつけてしまうことがあります。
よほど強くぶつけない限りは、爪の部分が折れたりすることはありません。
しかし出っ張っている分、どうしても傷になりやすくなるので気をつけて生活しましょう。