なくてもよい?ブランド品の相場老舗宝石店の相場給料3ヶ月分?

婚約指輪のお返しの相場

婚約指は女性にとってあこがれのジュエリーです。
一生に一度、大好きな人からのプロポーズとともに、プレゼントされることが多く思い出深い物になります。
贈る男性にとっても、シチュエーションやタイミングなどを一生懸命考えながら、緊張して渡します。
プロポーズをするときの婚約指輪ばかり取りあげられがちですが、もらってばかりでは失礼に当たります。
真摯な気持ちでプロポーズしてくれた彼に、お礼の気持ちを込めてお返しをするのが常識です。
つい注目されるのが婚約指輪ばかりなので、何をお返ししたらいいのかわからないという人も多いかと思います。

さらにこれだけ高価なものをもらったらお返しはどうしたらいいだろうと、悩む人も多いのではないでしょうか?
実際に婚約指輪をもらった人はどれぐらいのお返しを用意しているのか、相場を知っておきましょう。
そうすれば、相手側に失礼がなく対応することができます。

昔は結婚の前に、結納を交わすのが一般的でした。
その時に、婚約指輪のお返しとして、品物や現金を用意していました。
しかし今では結納を略して、簡単に行うカップルが多くなっています。
なので、余計にどのようなものもをお返ししたらいいのかわからなくなってしまっています。

お返しの場合、品物か現金を用意する人が多いです。
品物の場合は、10万~20万前後身につけるようなものを用意します。
時計やスーツなどの洋服類を用意する人が多いようです。

現金で用意した場合は、50万から60万未満が最も多い価格帯のようです。
現金の場合の方が、お返しの負担が大きいと感じるかもしれません、
しかし平均的な現金での返しは、39万という結果になっています。
なので、そこまで負担に感じることなく、無理がない金額を包むようにしましょう。
婚約指輪もそのお返しも大事なのは、気持ちあってのことです。

ただし結納などで格式を重んじた場合は、失礼のないようなしっかりしたものを選ぶようにしましょう。