なくてもよい?ブランド品の相場老舗宝石店の相場給料3ヶ月分?

婚約指輪はやはりダイヤモンド?

人生の中で、大事な節目の一つに結婚があります。
晩婚化が進んでいる現代ですが、いずれは結婚して家庭を持ちたいと思っている人がほとんどです。
結婚へのあこがれもありますが、女性にとってはまずは素敵なプロポーズを夢見ています。
そんなプロポーズに、欠かせないアイテムの一つとして、婚約指輪があります。
よくドラマのワンシーンなどでもみる光景ですが、単なる言葉だけでなく、指輪があることでより実感できるでしょう。

婚約指輪と思い浮かべると、ほとんどの人がダイヤモンドhttp://www.nybma.com/daiya.htmlを思い浮かべるでしょう。
しかし、婚約指輪はダイヤモンドでなければいけないというわけではありません。
人によってはダイヤ以外のものを使用する人もいます。

それではなぜダイヤモンドが多くの人に支持されているのでしょうか。
その一番の理由は、ダイヤモンドは宝石の中でもとても硬い石だからです。
これから2人の絆が固く結ばれて、たたいても砕け散らないぐらい頑丈な石なので、ダイヤモンドが定番となっています。

また最初に婚約指輪を渡した時に選ばれたのが、ダイヤモンドだといわれています。
ダイヤモンドを選ばれたのには、不屈の力・永遠・純潔・永遠の絆といった意味合いがダイヤモンドにはあるからです。
さらにダイヤモンドは、永遠に輝きを保っている宝石なので、婚約指輪にふさわしいとされています。
なので、婚約指輪のおよそ9割がダイヤモンドのものを選んでいる人が多いです。

先ほども言った通り、必ずしもダイヤモンドでなければいけないというわけではありません。
なのでダイヤモンドの代わりに誕生石などを選ぶ人もいます。
またメインの石はダイヤモンドにして、その周りにカラーダイヤをメレとして使用するデザインも人気です。
特にピンクダイヤやイエローダイヤなどを使用する人が多いです。
ルビーやサファイヤなど色目が濃い宝石の場合は、一粒石にしてメインの石として使用することが多いです。

どのようなデザインや石にするにしても、贈る側の気持ちやお互いの記念になるものを選ぶのが一番です。
一生に一度の婚約指輪を素敵なものにしましょう。